ホーム > エコロジーステーション > 廃食油の回収&リサイクル

廃食油の回収&リサイクル

資源ゴミの回収のなかでも、とくに当社が力を入れているのが、廃食油の回収です。
一般家庭からでる廃天ぷら油は、洗剤と混ぜて台所から流すことや凝固剤で処理して捨てることが主流で回収再生の比率は極めて低い水準です(農林水産省食品油脂課調べ)。また何気なく流しに捨てた大さじ1杯の廃てんぷら油を魚が住める水(BOD5ppm)にまで薄めるには、風呂桶10杯のきれいな水が必要と言われています。地域によっては、NPOや消費者団体(婦人会等)の活動による収集を行っている場合がありますが、役員(世話役)の交代や回収場所の汚れなどの問題もあり継続性に困難な点がありました。
この廃てんぷら油をガソリンスタンドで専属して回収することができれば、飛躍的に家庭用廃てんぷら油の回収率は向上し、環境への負担も少なくなると考えられます。
当社では、お客様に廃天ぷら油を持ち込んでいただけるよう、ガソリンスタンド内に専用回収BOXを設置しています。また、灯油配達などの際にスタッフが各ご家庭より回収しています。

一定量貯まった天ぷら油は、滋賀県環境生活協同組合の回収車により回収され、リサイクル液体石けんに再生加工されます。当社では、このリサイクル液体石けんを購入し、自動車洗車の洗浄剤として利用(エコ洗車)しています。

また、油藤商事株式会社では、平成15年にバイオディーゼル燃料のプラントを自社敷地内に建設し、回収した廃食油を利用してバイオディーゼル燃料の精製も行っています。