15日目 6月21日(金) ワルザザードからエルフード その1

前日、遅くにワルザザードに到着。
マラケシュからアトラス山脈を抜けると現れる大きな都市である。

旅行者の良き?バイブル 地球の歩き方「MOROC」に載っている宿を目指していき、価格交渉。リーズナブルでありながら、駐車場のスペースが閉まる
上に、守衛さんより電源をお借りすることができるという好条件。

チェックイン後、さっそく夕食へ。夕食といってもすでに23時近い。。
近くのレストランにいって、食事をすませました。ちょうどEURO2008の真っ最中でテレビはどこもかしこもサッカー。。ちょうどトルコVSクロアチアの試合だったと思います。 興奮してましたねぇ!モロッコの人はどっちを応援するんだろう??

今夜もバイオディーゼルつくり。守衛さんより電源をお借りしてセッティングをして、反応開始。。1時間半ほど経ってから、スイッチを切って就寝。
朝また早めに起きて、2回目の反応を開始。その間、遠心分離器をフル回転。。

朝、7時~8時には、他の宿泊者たちがぞろぞろ出発していきます。
当然、駐車場の入り口近くのバスコ5は超目立ちます!!。ほとんど皆さん声を掛けてくれます。。山田さんも白根さんもまだ就寝中。。
片言の英語と、フランス語で「ボンジュール」が精一杯。

Recycle Cooking OILからバイオディーゼルを作っている。
これがプロセッサーで、1日掛けて精製する。
カナダをスタートして、世界1周している。
私たちは日本人で3人で回っている。   etc・・・

皆、つたない英語でも真剣に聞いてくれて、理解してくれている。
ある程度のジェスチャーを交えることで、最小限の互いのコミュニケーションは取れているように感じます。山田さんも言っておられたが、へたな知識を持っているよりは、熱意やハートで十分に通じるよ!というのを体感できている!!

スイスから来た5人組の旅行者は、しきりに我々のプロジェクトを賞賛してくれた。
ぜひスイスに寄ってほしいとのこと。。自分たちが日産パトロール(日本名サファリ)を乗っているのも日本びいきの一つのようだ。。
また日本人とアメリカ人のバックパッカーの2人とも出会った。これからマラケシュに行くようだ。気をつけて行って来てほしい。。

朝食後、レストランのオレンジジュースが絶品。。今までで一番美味しかった!!

そして出発。
タウリルトのカスバの前で撮影会。

wallzaza gaspa3.JPG

wallzaza gaspa2.JPG

tryasron girl 1.JPG

tryasron girl 2.JPG

アメリカのトライアスロンのメダリストの女性がトレーニングしていました。
なぁ~にもない大地をひたすら走っています。笑顔が素敵なアスリートでした。。